旅行記

09-23/SEP 2006 Bolivia・Peru

11日目Nazca
9/20
(wed)

朝、とりあえず8:30ごろ身支度を調えておくが、霧が出てるので地上絵の見物できる時間まで時間をつぶす。とりあえずCruz del Sur社のカウンターに行って夜中 1:30に出るLima行きのバスチケット(s/.75)を購入。ホテルに戻ってだらだらしている飛行機が飛ぶのは11:00ごろとのことなのでそれまでツアーを申し込む。ツアーは車1台+ガイド1人でs/.100。3人で行くことになったので少し安く済む。しばらく待っているとガイドさんが来てガイドさんの私物らしき車に乗って行く。キレイなアメリカンイングリッシュを話すなぁと思っていたら本職は英語の先生とのこと。日本のペルー料理店に勤めているいとこを訪ねていくためにお金をためているらしい。まずは小高い丘のようなところに連れて行かれる。どうやら天然のミラドールらしい。絵はよく分からなかった。歩く道が決まっているらしく、少し違うところを歩いていた家族連れにガイドが激怒して車の番号を控えていた。どこかに報告するらしい。その後ミラドールへ(s/.1)。マリアライヒ博物館(s/.5)へ行く。ホテルにもどるとそろそろ時間だと言うので空港に向かう。待っていると先に乗った日本人観光客がダウンして戻って来た。待ち時間が長いのでいろいろ情報交換できた。しばらくして呼ばれる。4人乗りのセスナでナスカ、パルパを見学。朝食を抜いたのがかえってよくなかったのか完全に酔い後半手足がしびれてきた。降りてもなんとか動けず、空港で完全にダウンする。この後遺跡を回るツアーをどうするか聞かれるもとりあえず保留する。タクシーでホテルに戻りカウチで数時間休む。その間にホテルに泊まっていた日本人の方といろいろ情報交換などをしているうち話が盛り上がってくる。3時ごろになって暇なのでツアーに行くルートを自分たちでタクシーでまわることにする。タクシー貸切で3人でs/.50であっさり交渉成立。ナスカ人の墓、水路、パドレネス遺跡を巡り、戻る。戻った後も一緒にツアーみんなで盛り上がり5人で夕食を共にする。その後、ビールを飲みながら談笑するも、深夜1時のバスに備えて私たちは先に仮眠することにする。2人共積極的に人と仲良くしようというタイプではなく、旅してなかなか他の人と仲良くなる機会がないのでとても有意義な時間を過ごすことができた。

ミラドール
地上絵ツアーのセスナ Nazcaの街
12日目 NazcaからLima
9/21
(thu)

日付が変わってすぐにCruz del Sur社のバススタンドに向かう。スタッフらしき人が2人しかいないなか待っているなかなかバスは来ない。約1時間遅れの2時過ぎにようやくバスが来た。私たちの席には人がすでに寝ていたが適当に座ってよいらしく空いている席に座る。フットレストが非常に大きくとても快適な座席だった。目が覚めるとすでにLimaの市街。8時半ごろCruz del Sur社のバスターミナルに到着し、トイレで身支度。まず徒歩で途中にあったスタンドで朝食を買いつつ国立博物館に向かう。国立博物館(s/.7)で大きな荷物を預かってもらえた。写真撮り放題なのに驚く。その後タクシーでCentro地区のArmas広場に向かい、旧市街を探索。途中で公衆電話を見つけ、Nazcaで会ったご夫婦に教えてもらった天野博物館に電話予約を入れる。スペイン語しか話せないスタッフが出たが、日本人だと確認されるとすぐ日本人のスタッフに電話を変わってもらえて無事15:30の日本語ツアーに予約。そしてオススメしていただいた中央市場で昼食。タクシーでHuaca Huallamarcaまで移動する。徒歩でHuaca Pucllanaまで移動した後、天野博物館に向かう。門が閉まっていたので悩んでいると向かいにいたタクシーの運ちゃんに入り方を教えてもらう。中に入ると日本人の若い男性スタッフに迎えてもらえてスタッフルームで大きな荷物を預かってもらえた。しばらくまっているとツアー客らしき日本人が続々と到着。ツアコンの人は見学しないらしく、ツアコン同士で情報交換していた。私たちを迎えた若い男性スタッフはアルバイトの学生さんかと思ったが、中の博物館の説明をするスッタフで、とても分かり易く、ペルーの歴史やチャンカイ文化についていろいろと勉強になった。電話予約なんてめんどくさいと思ってしまう私たちは教えてもらってなかったら行かなかっただろう。Nazcaで会ったご夫婦に改めて感謝した。見学後、Larco Marに歩いて向かっていると途中に民芸品市場を発見。時間をもらってお土産を購入する。意外と安くいろいろ購入できた。お台場のようなLarco Marで太平洋を見学した後夕食を取り、タクシーで空港に向かった。

国立博物館 Larco Mar

戻る

Peru・Borivia Index に戻る