旅行記

09-23/SEP 2006 Bolivia・Peru

5日目PunoからCusco
9/14
(thu)

朝7時前にロビーに下りるとチェックアウト早々ツアーデスクのお姉さんがお迎え。タクシーでバスターミナルに向かう。カウンターでターミナル使用料s/.1払ってお姉さんからチケットを受け取り、バスまで案内してもらう。 バスは7:30にターミナルを出発。トイレも飲み物のサービスもついている快適なバス。スペイン語と英語で説明があり、説明後ガイドが途中立ち寄る場所の入場料の集金に回ってきた。このガイドさん地球の歩き方(06-07版p27)に写真が載っていた。Pukara博物館(s/.5.5)、Raqchi遺跡(s/.5.5)、Andahualylillasの教会(s/.5)の入場料をまとめて支払う。9:20まずはPukaraに到着。遺跡見られるわけではないらしくPukara博物館だけを見学。 9:50Pukara発。バスが発車すると女性のスタッフが回ってきてサービスの飲み物の希望を聞いてくれたのでマテ茶をお願いした。11:10標高4335mのLa Raya峠着。景色はいいけど寒い。峠に沢山のお土産やさんがあるだけなので10分ほどで出発。バスに乗るたびに飲み物のサービス。12時ごろお昼をとるレストランがあるSicuaniに到着。逆方向のバスも同じぐらいに着くらしく、写真を頼まれた学生風の日本の人とちょっと情報交換。12:45に出発して15分ほどでRaqchi遺跡着。遺跡やみやげ物屋さんを含めて1時間ほど見学する。プーノからこの辺まで来ると暑くなってくるので冷たいお水が配られる。1時間半ほどでAndahualylillas着。30分ほど教会を見学し、ここから1時間ほどで17時ごろCuscoInka Express社に到着した。
タクシーの客引きが沢山いるので市内までs/.3で行ってくれるタクシーを捜し、Armas広場へ向かう。暗くなってきていたので急いでホテルを探す。目をつけておいたSuecia I に行くがスペイン語しか通じず四苦八苦。結局3泊目が予約埋まってるとのことで他を探す。とりあえず目に付いたRoyal Qosqoに入る。英語のできるスタッフがいた。部屋はイマイチ古かったけどかなり暗くなってきたし、バストイレ(はまだキレイだった)つきで S/.60 なので決めてしまう。外に出てツアー会社を探す。いろいろ注文したいので日系のツアー会社に行ってみる。1軒目Grantour Cuscoは一応日本語の出来るスタッフがいたが、それほど堪能ではなくて英語の方が話早いかもと思った。とりあえずインカトレッキングのツアーを訪ねると11月以降じゃないと無理とのこと。リマからナスカに日帰りで行きたいと思ってイカからナスカのフライトを聞いてみるとそこでは扱っていないので扱っているツアー会社を教えてくれた。3年前の同じ時期にペルーに来た人話ではインカトレッキングツアーもすぐ申し込めたのに・・・と思って、西河トラベルにも話を聞きに行ってみる。ここには日本人スタッフがいた。インカトレッキングの事情を聞くと、インカ道への入域許可の予約がいっぱいで2ヶ月前じゃないと予約取れない状態ということを説明された。イカからのフライトも扱っているのは1社だけなのでもし希望するなら早めに押さえたほうが良いと教えてくれた。結局ツアーはここでは申し込まず、Armas広場沿いにあるSASトラベルに行ってみる。ここでツアーの資料を見せてもらい説明をうけ、いろいろ聞いた結果、シティーツアー($ 10)、聖なる谷ツアー($ 15)、Machu Pichu 2daysツアー($ 188 ホテルピックアップ、電車、ホテル、2食、遺跡入域料、片道のバス代込み)、クスコ>リマの航空券(Lan Peru $ 89)、Cusco周辺の遺跡周遊券(割引でs/.65)を購入。
ホッとして夕食を食べてホテルに戻って3泊する旨を伝えようと英語のできるスタッフはもういなかった。

Pukara博物館
La Raya峠 Raqchi遺跡 Andahualylillasの教会
6日目 Cusco(市街散策、シティツアー)
9/15
(fri)

早朝、目覚めて水道を使おうとすると水が出ない。とりあえずトイレはタンクに水が溜まっていたので1回は問題なく使用。どうしようか迷って、朝6時ごろ旦那が目覚めた頃、共同の洗面所の水も出ないことを確認し、フロントに行ってみるとスタッフがいたので「No Agua (水ない)」と言ってみる。どうやら普通のことらしく、OKと言って外に出て行った。 部屋に戻ってしばらくすると無事水が出て身支度する。朝の散歩兼市街散策。まず階段を登ってSan Cristoval教会からCusco市街を眺める。そこからSan Francisco広場の方に行っていくつか教会を見て、目に付いた食堂で朝食。直径 3 m の真珠というのに惹かれてLa Merced教会の博物館に行くが、結局 3m の真珠はなかった。太陽神殿だったInkaの石組みの上に立つ教会、Santo Domingo教会(Koricancha)を見学して、街中を歩いて14角の石、12角の石を見てスーパーで必要なものを買って一度ホテルに戻る。シティーツアーは13時集合。待ってるとスタッフが出てきて30分ほど遅れるとのこと。バスが来てお客さんをピックアップ。Santo Domingo教会(Koricancha)(再訪。ツアーに入っていることを知らずに朝見学)、そしてArmas広場にあるCathedralを見学。ガイドさんの話は長くて早く遺跡行きたいと思ったが、英語は分かりやすく、キリスト教の中に取り込まれたInkaの宗教観が少し分かった。その後バスがやっと郊外に行き、 Sacsayhuamanを見学。このひは週末にお祭りがあるらしく、準備をしていた。Puca Pucaraをバスから見てTambomachay。一頭うろうろしているリャマがいて観光客に喜ばれたり怖がられて利していた。その後Kenkoを軽く見て、お土産屋に連れて行かれ18:30ごろArmas広場で解散。一度ホテルに戻り、食用ねずみのCuyが食べてみたくて専門店に行ってみるが、休みだったので急いで戻り、宿の近くでCuyがメニューにあるお店で夕食。


San Cristoval教会からのCusco市街。
14角の石と
12角の石
Sacsayhuamanお祭りの準備中 Tambomachayにいたリャマ。
入口で買ったコーンケーキあげてたら
みんなが写真やビデオ撮ってた。

以下続く。。。

戻る

Peru・Borivia Index に戻る