09-23/SEP 2006 ボリビア・ペルー

やっぱりマチュピチュが見たい。ということでペルーに行ってきました。航空券は楽天トラベル。旅程を検討した結果、ボリビア・ラパスinペルー・リマoutということになりました。このチケットだけだとアメリカ国内の乗換えが2回になってしまいましたがしょうがない。。。日本で手配したのは航空券のみ。今回訪れたのはラパス、プーノ(ティティカカ湖)、クスコ、マチュピチュ(旧アグアスカリエンテス)、リマ、ナスカです。

0日目、1日目 & 2日目

3日目 & 4日目

5日目 & 6日目

7日目 & 8日目

9日目 & 10日目

11日目 & 12日目

とにかくペルーは人が良い!!ホテルやツアーデスク、お店の人も感じが良いし、何か困ったことがあると必ず教えてくれる人がいる。お土産やさんの人たちもそれほどしつこくないし、素晴らしいと思いました。でももちろん過信は禁物。。。自分ではとくに危ない目にあったりはしなかったけど、ホテルのドアは早い時間に閉ざされてしまうし、早朝外に出るとものすごい数の鍵がかかったごっついドアが並んでる。。。クスコも夜になると警察官が沢山いるから治安が保たれている感じでした。クスコでは遅かったけど、他のツアーは時間がかなり正確。クスコでも遅れたら何時ごろ来るの目安を教えてくれたのであまりイライラしたり不安になったりしませんでした。マチュピチュ行き以外は。。。

高山病も心配していたほどひどくならなかったのは最初によく休んで消化の良いものだけ食べてたのが良かったのか、ダイアモックスが効いたのかは不明。ダイアモックスも注意事項にかいてあった指がしびれる副作用が少し出たので過信と多用は禁物かもしれません。

最低限のスペイン語はやっぱり覚えておいたほうが便利だと思いました。どうもクスコのお手ごろな宿は英語話せる人が宿に1人いるかいないからしく、まったく通じないところもありました。日本人でも発音しやすいし、数字くらいなら聞き取れるようになる。聞いた話によると数ヶ月旅してるとある程度話せるようになるらしい。。。

ラパスとプーノで日焼け止めを塗っていたのにも関わらず肌がボロボロになって皮が剥けてしまいました。日焼け止めだけでなく保湿クリームをがっつり用意すべきだったと後悔。クスコで少しずつ良くなりマチュピチュで湿気が激増しらたナスカまでにはすっかり治っていました。