旅行記

10-24/SEP 2005 マレー半島縦断

1日目 シンガポール
9/10
(sat)
23:45 UA837でシンガポール チャンギ空港着。早速両替。\5,000>SG$74.95(2人分)
タクシーのおじさん英語は通じるが老眼で地図読めず。空港スタッフに地図読んでもらってホテルに向かう。
アップルワールドでとったフレグランスエメラルドで1泊。観光には不便なところだけど、深夜までやってる食堂やコンビニ(酒あり)もあって長距離バスターミナルまで歩けるし、マレーシアにすぐ抜ける人には良いかも。まわりのホテルには深夜入り口に客引きのお姉さんがいるのでちょっと怪しいかな。多分華僑系の人が多い町で結構汚かった。
2日目 シンガポールからマラッカへ
9/11
(sun)
8時起床。チェックアウトして近くの食堂で朝食。ラベンダー通りのバス停まで歩く。
11:00のマラッカ行きのチケットを無事購入。Malacca Singapore Express 一人 SG$11
売り場でうろついていたおじさんに両替しないかと提案され迷うが、日曜日でマラッカに開いてる両替所があるかどうかも分からなかったので相当レートは悪いだろうと思いつつも残りのSG$と\10,000を両替してもらう。\ 10,000 > RM 307、SG$ 14 > RM 29 (2人分。結局マラッカで日曜日に開いているような両替所は見つからなかった)
シンガポール出国後、数百メートル先でマレーシア入国。マレーシア入国の時は荷物(含むラゲージ)をチェックされた。
バスは途中でドライブインのようなところに寄る。ここで昼食をとる。 トータル5時間かかってマラッカに到着。
びっくりするほど近代的なマラッカの長距離バスステーションに到着。降りたとたんにゲストハウスの客引きに話しかけられた。噂どおりしつこくなく、ゲストハウスの地図を渡されただけで、市街地行きのバスのりばまで案内してくれた。市内まではRM 0.8。乗ってから係りの人に払う。
運ちゃんに降りるところを教えてもらい歩き方でチェックしたホテルエカトリアルの前で降りた。ホテル前にたたずむ人にTaman Melaka Rayaの方向を教えてもらい、最初に見つけたShirah's G.H.に入ってみる。まぁまぁ良かったので泊まることにする。RM 40 クーラー、水シャワー、トイレつき。共同でホットシャワーと冷蔵庫あり。
とりあえず観光。正直半日で充分でした。一番面白かったのは民族と美の博物館。マニアックでよかった。(内容はマレーシアとはあまり関係ないかもしれませんが。。。)もうちょっと下調べしておけば違ったのかな?夕食は歩き方に載ってたオレ・サヤン(親切餐館)で。
途中で寄ったドライブインと乗ったバス。
トイレチップはRM0.2でした。
教会と時計台。思ったより小さかった。 マラッカ海峡。近くには行けなかった。

次へ

マレー半島 Index に戻る